―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

洗濯機 引越しぼくのかんがえたさいきょうの名刺

トップページ > 引越しを実際に行うとなると、荷物の

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

引越しを実際に行うとなると、荷物の

引越しを実際に行うとなると、荷物のたくさん入ったダンボールを邪魔にならないように移動させたり、業者さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。しばらくそうやって頑張って動いていると、手のひらは家具の重みなどで真っ赤になります。業者さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をしています。引越し業者に引越しの依頼をするにしても、自分用の軍手が必ず必要です。住居を移転する際、大型自動車を停止したり、積荷を通路に置いたりするため、事前に隣近所の家に挨拶に行くのが当たり前のことです。
車の出し入れや通行の障害となりますので、前もって同意を得ておくと引越しが終わった後に問題が発生することも防げます。
引越し業者に任せた時は、そのような事も代行してくれます。
引っ越しの得手不得手は、流れを把握しているかどうかによって決定します。
流れを別の言い方で段取りとも言うのです。


この段取りが下手だと、大幅に時間が押してしまう場合もあります。

とは言う、このような場合は、理屈でこなそうとするよりも経験で乗り切る事なのかもしれません。


引っ越しをすることそのものは新しい気持ちにもなれて好きなほうなのですが、国民健康保険等の住所変更のために、市役所へわざわざ行っていろいろな手続きをしなくてはいけないところが、面倒だなあと思ってしまいます。こういう引っ越しに伴う手続きのあれこれも、ネット上で時間の空いたときにさらっと家で済ませられるようになれば凄く助かるのに、と思います。引越しの際忘れてはならないガスの解約は、退去する日よりうんと前からお願いできるので、忘れないよう早急にインターネット等から頼んでおく方が正解です。


ただ、転居当日い立ち会いを要することがあるので、時間を何時にするかにチェックするようにしてください。都内から埼玉へ生活ベースを移した時、予定がタイトだったため、荷物をまとめるのが大変でした。転居日は前もって決まっていたのに、荷造りに追われるばかりです。終わらないままだったらどうしようかと不安で仕方がありませんでした。

最後は、友達に三千円を渡して、ヘルプしてもらいました。引越しをするときに、理解しておかなければならない事が、多くの手続きです。

地元の役場へ届ける手続きだけでなく、電話、インターネット、ガス、水道、電気等の住所変更も重要です。とりわけガスは立ち会わなくてはいけないので、速やかに手配してください。
また、金融機関の通帳や運転免許証等の住所を変更する手続きもできる限り早く終わらせておいた方がいいです。引越しのときには、荷物をダンボールに詰めていく作業は面倒に思えても、必ず行わないといけないことです。


ひとつその作業のコツをして、重さがあったり壊れやすいものはなるべく小さな箱に、軽くてかさばるものを大きめの箱に入れていくというのがポイントです。

また、荷物を入れた箱には品名だけでなく、引越し先の運ぶ部屋まで記しておくと引越しの際の荷物の運び出し、運び入れにとても助かります。
引越の時に立ち会って確認することは、面倒でも必ずやっておくべきです。賃貸契約だった場合には、不動産屋さんや大家さんが、立ち会って確認することになります。



敷金をいくら返すかを決める重要な要素ですから、とにかくキレイにそうじをするようにしてください。また、修繕を要する箇所を、両者で確認し合うことで、トラブルを防ぐことにもつながります。


引っ越ししようと決めたのに伴い、エアコンが要らなくなってしまいました。普通の賃貸物件ですと、エアコンが付いています。


わたしが住んでいるところは、古くからの寮だったため、エアコンは、自分で付けないといけない事になっていました。今頃になって寮じゃなく、賃貸にしとけばよかったとほとほと後悔しています。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 洗濯機 引越しぼくのかんがえたさいきょうの名刺 All rights reserved.